M2中嶋君が、第45回多値論理フォーラムにてMVL論文賞を受賞しました

 2022年9月18日に会津若松で開催された第45回多値論理フォーラムにおける発表に対し、修士2年中嶋一晴君がMVL論文賞を受賞しました。受賞対象となった「受信シンボルの3次元マッピングによるPAM-4信号伝送品質評価」は、研究室の学生および小山工業専門学校の飯島洋祐准教授との共同研究をとりまとめたものです。
 近年、データセンター等の高速大容量情報通信サービス需要により、高速なデータ伝送技術の必要性が高まっていますが、受信信号が劣化し、シンボルエラーが発生する問題が深刻となっています。中嶋君は、受信端において、劣化したシンボルの遷移情報を2次元や3次元にマッピングする手法を新たに提案することにより、多値信号の伝送路通過後の劣化の影響を可視化し、信号伝送品質を評価可能としました。提案手法の新規性・有効性および発表態度などが高く評価され、受賞に至りました。
 なお、中嶋君は、情報セキュリティに関する知識・技能の最難関国家試験である「情報処理安全確保支援士試験」にも合格しており、今後の益々の活躍が期待されます。

国際会議ICTSS2022でB4阿部(峰)君が発表しました。

12/27 にオンラインで実施された国際会議International Conference on Technology and Social Science 2022 (ICTSS 2022)にて、医理工連携の指鼻試験のVR評価システムの研究成果をB4阿部峰之君が英語で発表を行いました。

Evaluation System for Finger-Nose and Finger-Chase Tests on VR Space Using Head-Mounted Display

T. Abe, Y. Yuminaka, M. Satoh, and Y.Ikeda

3年ぶりの研究室旅行

3年ぶりの研究室旅行に「三崎、城ヶ島、葉山、鎌倉、江ノ島」を訪れました。
海の美しさを堪能しました!

多値論理ForumでM2中嶋君が発表しました

多値論理Forumが会津若松で開催され、M2中嶋君が発表を行いました。

中嶋 一晴、弓仲 康史、飯島 洋祐
受信シンボルの3次元マッピングによるPAM-4信号伝送品質評価

2年半ぶりの対面での学会参加となりました。会議後、会津若松の鶴ヶ城とさざえ堂を視察してきました。

堂々たる発表:左は論理関数設計研究の世界的権威 笹尾先生

4年生研修終了

4月から実施していた4年生の研修が終了しました。
MOSアナログ回路、SPICEシミュレーション、信号処理などの基礎勉強からスタートし、最終課題としてM5Stackを用いたEdgeコンピューティングの実装を行いました。

M5Stackによる環境センシング、WEBサーバ、Slackへの自動投稿など、素晴らしい発表でした。お疲れさまでした。

来週からは各自の卒業研究に突入します!

国際会議ULSIWS参加

オンラインで開催されたULSIWS(Post-Binary ULSIワークショップ)において、
M2の米川君が、多値波形強調技術に関する研究成果を英語発表を行いました。

“Pre-Emphasis Technique for PAM-4 Signaling Using Code Transition Information,”
T. Yonekawa, Y. Yuminaka
31st International Workshop on Post-Binary ULSI Systems